KASAI

  • English
  • 中文

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

環境

環境方針

環境に優しい製品を開発および生産し、KR10(Kasai Realize10)の達成を目指します。

  1. 1.環境目的・目標を定め、環境パフォーマンス向上に努めていきます。

  2. 2.環境関連法規・条例、顧客の環境要求事項を順守します。

  3. 3.環境負荷を継続的に改善し、環境汚染の予防を推進していきます。

  4. 【重点活動項目】

    1. 1. 早く・安く・低エネルギーで、『人と環境 にやさしいモノ作り』に取り組みます。
    2. 2. 『もったいない活動』を推進し、すべてのムダを排除します。
    3. 3. 『省エネ活動』を推進し、CO2排出量削減に努めます。

「美しい地球を次世代へ、人と環境にやさしいモノづくり」をスローガンに

当社は、1999年に環境の国際規格ISO14001を取得して以来、2013年までに、国内関係会社を含め、7拠点での取得を完了し、「環境方針」のもとに環境活動を行っています。
具体的には自動車産業の一員として「リサイクルを配慮した製品設計」「省エネルギー、省資源を配慮した設備工程設計」「環境負荷の高い材料の代替え促進」を重点に開発段階から環境負荷低減に取り組んでいます。

リサイクル材の自主生産と使用
省エネルギー、省資源を配慮した設備工程設計

2013 年“超”モノづくり部品大賞「環境関連部品賞」を受賞

当社は、自動車用天井内装部品「遮熱ヘッドライニング」が評価され、モノづくり日本会議/日刊工業新聞社が主催する「2013 年“超”モノづくり部品大賞」において、「環境関連部品賞」を受賞致しました。

軽量で熱を遮る効果がある自動車用天井内装部品「遮熱ヘッドライニング」を開発し、2012年(平成24年)に電気自動車(EV)に採用されました。夏場は天井を通して浸入する熱エネルギーを同社従来製品と比べ約4割削減し、冬場は車内から放出する熱エネルギーを同約2割抑制する効果があります。 冷暖房の作用を効率化することで、実用電費向上に貢献致します。

今後も柔軟な発想で環境にやさしい製品を開発し、世界中のお客様のニーズに応えて行きます。

2013年“超”モノづくり部品大賞

自動車用天井内装部品「遮熱ヘッドライニング」が評価され、モノづくり日本会議/日刊工業新聞社が主催する「2013 年“超”モノづくり部品大賞」において、「環境関連部品賞」を受賞致しました。

ISOへの取り組み

当社グループの品質、環境への希望を現実のものとするために、品質、環境のそれぞれについての国際基準であるISOを、国内・海外の各拠点や関連会社にて取得し、実行しています。
品質基準であるISO9001を1997年8月に取得して以来、IATF16949、また、環境基準であるISO14001の取得を進め、現在では、海外を含めた関連会社に、その道の輪を広げております。

IATF16949

河西工業株式会社 寒川工場

河西工業株式会社 寄居工場

九州河西株式会社 本社宇佐工場

三重河西株式会社 三重工場

三重河西株式会社 滋賀工場

群馬河西株式会社 館林工場

群馬河西株式会社 太田工場

群馬河西株式会社 栃木分室

ページトップへ